どのように栽培するのか

ガーデニングを楽しんでいる人に人気が高い植物がバラです。バラを育ててみたいと思っている人がいれば、栽培の流れを確認しておくと良いでしょう。

バラ栽培の流れ

植物

道具を揃える

バラを育てる場合、まずは道具から準備します。鉢やスコップ、ジョウロなどを用意しておきましょう。また、バラ専用の土なども販売されているので忘れずに購入しておきます。

バラの苗を購入

道具や土が揃ったら、バラの苗を購入しましょう。最近ではネットで簡単に購入できるようになってきています。色などを見ながら、好きなバラの苗を選ぶと良いでしょう。

苗を鉢に植える

バラの苗を手に入れたら、鉢に植え替えます。まずは鉢の3分の1から3分の2程土を入れ、苗を植えるのです。次に、鉢の縁よりも2センチ程下まで土を追加して軽く整えましょう。

水やりや肥料

苗を植え終わってから、たっぷりと水を与えます水やりのタイミングは土の表面が乾き始めた時です。また、液体肥料を月に一度程与えるようにすると良いでしょう。バラ専用の肥料を使うのが一般的です。

バラのことを知る

バラという花は知っていても、植物としてのバラについて知識を持っている人は少ないとされています。Q&Aを参考にして、バラに関する知識を増やしていきましょう。

バラの疑問を解決

植物

日当たりは重要?

基本的に植物を育てる場合、日当たりを確保するのは大切になります。ですが、バラの場合は半日陰でも十分に育つでしょう。午前中のみ日当たりが確保できる場所であれば安心です。

バラの育て方をしっかりとマスターするのが大切

バラ

簡単な植物を育ててみる

ガーデニング初心者の多くが植物を育てるのは難しいと感じています。しかし、バラなどの育て方が簡単な植物を選べば問題ないのです。初心者でも、綺麗な花を咲かせることができます。これからガーデニングを始めるなら、初心者向けの植物を探してみましょう。

植物

庭を活用する

庭の広い敷地を使ったガーデニングも人気です。広いスペースがあれば、バラなども大きく育てることができるでしょう。栽培できる植物の種類も大幅に増えるのです。また、造園に興味のある人は草刈りや芝刈りなど、庭の手入れから始めてみると良いでしょう。

ガーデニング道具

業者に依頼する

庭の手入れをする場合、何から初めて良いのか分からない人もいるでしょう。この場合、専門の業者を利用するのが無難です。芝刈りや草刈り、庭木の伐採まで造園に関することはなんでも依頼することができます。庭の手入れについてのアドバイスもしてくれるでしょう。

[PR]
バラの育て方講座
綺麗な花を咲かせることができる

[PR]
芝刈りが楽してできる!
専門業者が代行してくれる♪

広告募集中